挙式スタイルによって違う挙式料

チャペルで挙げるキリスト教式や神殿でおこなう神前式、それにチャペルや披露宴会場などでする人前式がありますが、それぞれのスタイルによって費用には違いがあります。一般的にチャペルで挙げる式は値段が高く、平均すると45万円くらい。チャペルに飾る花が造花か生花かによっても差があり、生花の方が値段は高くなります。人前式は披露宴会場もチャペルも使われますが、チャペルのほうが平均15万円くらい費用が高めです。

挙式演出にかかる費用

ゴスペルやハープ・バイオリンなどの楽器の生演奏は、挙式料に含まれていることもあります。含まれていない場合に別途依頼すると、だいたい5・6万円くらいが相場です。挙式後にフラワーシャワーやバルーンリリースをしたい人も多いでしょう。フラワーシャワーは1万5千円・バルーンリリースは4万円くらい。フラワーシャワーは生花の代わりに羽を使うこともありますが、この場合は生花よりもリーズナブルです。

披露宴に使う会場の使用料

披露宴をするには会場を借りるための費用がかかり、会場使用料という名前で明細にプラスされています。金額はゲストの数によって変化するのが一般的ですが、平均は25万程度。会場使用料に含まれるものは、それぞれの結婚式場によって違いますが、控え室の使用料やブライズルームの使用料も含まれていることがあります。

そのほかにもかかる費用がある

式場により会場使用料に含まれていることもありますが、別途かかることがあるのが設備費。音響や照明・プロジェクターなどを使用すると料金が発生します。また場合によっては花や引出物の持ち込み料、リングピロー・結婚証明書などのアイテム費、スタッフ費用などもあります。

四日市の結婚式場を選ぶ場合には、ロケーションが大切。都市部と違い電車でアクセスできるところは少ないので、車での来場になります。遠方からでも出席しやすいかどうかも式場を選ぶ大切な要素になります。

Back to Top